投資

実際に空売りして2万損してみた(泣き)結局、損するのが悔しくてロスカットできない!?

投稿日:

2020-05-26

 

 

こんにちは
マーケティング・投資・ビジネスを
こよなく愛する
投稿者のFQです。
(クリックするとtwitterに飛びます。)

 

 

 

空売りに挑戦して3日目で、-2万3000円が出ました。

損するときは一瞬です😢

 

 

 

青い字でマイナスになっている所が、損した所です。

 

 

5/22に¥5702の株を100株信用売り、

570,200円を証券会社から借り入れ、

週明け月曜に『強制執行』で、

 

584,400円で買い戻され、

570,200-584,400=-14,200

 

マイナス1万4200円

 

↑これに、賃株料56円

決済手数料3600円

決済手数料の消費税が360円

 

56+3600+360=4016円

 

全部で4016円の諸経費がかかるので、

 

合計で、マイナス¥18,216になりました。

 

 

取引が「日計り」の場合、

その日のうちに決済をしないと翌日は、

『強制執行』となり、手数料も高くなります。

 

 

結論、初心者は損が嫌でロスカットなんて出来ない。

 

トレード(株取引)なんて、ほとんど自分との闘いです。

人は少しでも自分が得をしたいので、

マーケット、株価、チャートを自分の都合のいいように解釈します。

 

 

数字的にも、チャート的にも、下がるの可能性が高いのに、

これは上がると思ってしまう。

 

 

その銘柄が好きとか、その銘柄で儲けたことがあるから、

感情が介入してしまうのです。

 

 

大事なのは、恐れ過ぎず、過信しないことだと、

今回の損で学びました。

 

 

重要なのは波に乗ること、上昇しているなら買い、

下降場面では空売りをしかける。

 

 

波に乗った時は、保険(ヘッジ)をかける。

 

 

上昇局面では、いつ下がるのか、わからないので、

買いを入れながらも、チャート見ながら、

空売りを入れていく。

 

 

チャートが全てではないし、ファンダメンタルズ分析がすべてはないです。

企業業績が悪くても、株価は上がりますし、

優良企業でも株価は下がる。

 

 

機関投資家が、たくさん買いを入れたり、

売りを加速させるだけで、株価は変動します。

 

 

ロスカットなんて怖くできないのだから、最初から損を出してでも、保険をかける。

 

 

これが重要です。

 

 

とは言っても、上昇局面で、

空売りを入れるのはかなりストレスです。

 

 

 

というか、損するのが嫌で出来ない。

 

 

 

最初は少額の株で練習することをオススメします。

少額なら損しても、ダメージ少ないのと、

何度も練習できるからです。

 

チャート分析は、アートの領域で、基本形があるものの

意見は千差万別で、

 

株価予想はプロが外し、アマチュアが当てることもあります。

だから、こそテクニカル分析はおもしろい。

 

 

 

スイング(1日から3日程度の期間で売り買いをする投資手法)のオススメ書籍。すごく読みやすく、これ通りやれば勝率はかなり上がります。

 

 

初心者向け書籍とあなどるなかれ、かなりの良書。株初心者は長期投資から入りますが、少額ならデイトレやスイングのほうが、資金を増やしやすい。これのおかげで儲かる場面多いです。

 

 

世界No1投資家、ウォーレン・バフェットの本。絶対に損したくないなら長期投資から入るのがベスト。10年20年30年と長い目で投資を見ているなら、これはキングオブベストの書籍です。

 

 

投資で勝つのは難しいです。なぜなら選択に感情が入り、冷静さを失うからです。こういう本を手元に置いておくと、失敗した時も冷静になり、ちゃんとなぜ失敗したのか?を分析できるるようになります。

-投資

Copyright© Dish108 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.