ダイエット

なぜ痩せたいのにたべちゃうのか?を理解する7つのステップ。

投稿日:

2020-10-23

 

なんで食べちゃうの?

 

『健康器具を買ったよ』

すぐ飽きる。

『やっぱりスレンダーな人ってモテるんだな、ダイエット始めよ』

何年たっても始まらない。

『これ飲むと痩せるんだって買ってみよ』

続かない。

 

 

何で食べちゃうのかと言うと

人は「意志の弱い生きもの」

だからです。

みんな同じです。

 

食事制限やダイエットをしよう!

と考えた時、

 

人は

「方法」にこだわり

過ぎています。

 

だから、続かない、食べちゃう、

痩せない

 

どんなに素晴らしい

ダイエットレシピ

ダイエット法

食事制限法

続けなければ意味がない

 

人は「早く、簡単に答えを

追い求めてしまう」

生き物です。

すぐに効果が目に見えないと嫌になっちゃうのです。

 

 

 

人は誘惑に弱い

 

あなたがもし、意志が強ければ、

痩せています。

 

意志が強ければ、思ったその日から

ダイエットを始めているからです。

 

 

人間の意志は弱いということを

心に刻んでください。

 

とにかく、人間は怠けたいと考えています。

 

あなたも、そうですよね?

甘い物、高カロリー、炭水化物を

食べる量は減っていない。

 

人は楽な選択肢を取ります。

楽な方が楽しいからです。

ダイエットは辛いから

やらない方が楽しょっ。

 

 

ダイエットをするということは過酷なこと

 

ダイエットというのは、

人間の本能に逆らっている

だから、大変なんです。

 

 例えるなら、

あなたが男性なら

不細工な女性と

見るだけでドキドキしてしまう美女がいて、

「君は不細工な子と

付き合いなさい」

と言われてるようなもので。

 

あなたが女性なら

太っていて、臭くて、だらしない男性と

近寄ると良い匂いがする理想的な体型の

清潔感があるイケメンがいて

「あなたは臭いほうと

付き合いなさい」

と言われてるようなものです。

 

イメージできましたか?

すごく嫌ですよね(笑)

本能に逆らうって大変なのです。

ダイエットって、

人間の本能的には嫌なものなんです。

だから難しい。

 

 

人は太るように心が進化してきた

 

進化心理学という、

ちょっとむずかしい学問でも

証明されているのですが、

 

大昔、人間は進化の途中で、

文明がなかったころ、

コンビニもスマホも車も

テレビも電気もなかったころ

 

今みたいに好きな時にお菓子を買ったり

今日は焼き肉行こう!

とか出来なかったのです。

 

当たり前ですが、

お菓子をつくる工場、材料、お店がない、

牛を飼っている人がいない、そもそも飼育の概念がなかった。

 

いつも人間は腹ペコで、

いかに栄養不足を逃れるか、

飢餓を耐えれるか、

命の瀬戸際を生き抜いていたのです。

 

子どもが生まれても、

母親が栄養失調でお乳がでない

赤ちゃんが死んでしまう。

 

男たちの狩りが成功しなかった、

1週間、まともなものが食べれない。

 

気候変動で、周りの草木が枯れ、

動物が死に、獲物がなくなり

人間たちも死んでしまった。

 

こんな過酷な環境のなかで、

生き延びた人間たちの多くが、

「甘い物、高カロリーなものを

食べたい!」

という心理、本能を持った人たちです。

 

簡単に言えば、

「好きな食べ物は太るものです」

という人間が多く生き残ってきた

と言えます。

 

太るということは、

余分にカロリーをため込むことなので、

少しでも命をつなぐことができました。

 

餓死を防ぐために、人は太ろうとします。

 

 

太る本能に打ち勝つには

 

勝利のカギは「自制心」

ダイエットとは戦い、

本能と闘うわけで死闘です。

 

人は太るのが自然なわけで、

これに逆行、逆らうわけです。

 

夏休みの宿題を7月末に終わらせる

苦しさ想像できますか?

8月末に慌ててやっていた人が、ほとんどです。

今は大人になったから出来るって?

 

だったら、もうあなたは痩せますよ(笑)

人の心は、そんなに簡単に変わらない。

 

自制心を鍛えるポイントは、

ストレス耐性を高める。

 

これです↑

ストレス軽減して、

いかに心の余裕を保つか、

これがキーポイントになります。

 

 

人の心はストレスに弱い

 

人はストレスを抱えすぎると、

考えたり、努力したり、

自分を制御することが

できなくなります。

「とにかく楽してぇー」ってなります。

 

そもそも、ストレスを解消するのが、

結構難しい。

 

ストレスがたまる環境は、

たくさんありますが、

解消したり、軽減するシチュエーションが

すごく少ない。

 

ストレス解消に有効なのが、

運動です。

 

運動なんか面倒と

思っているかもしれませんが、

運動しないから、

ストレスが溜まるのです。

 

ケーキ食べ放題とか、最悪で、

確かに食べてるときは良いのですが、

高カロリーで糖質も高いので、

内臓へのダメージが多く、

自覚はないかもしれませんが、

めちゃめちゃストレスがたまります。

 

自然の中を歩くや、

行ったことない所に行くもいいですが、

手っ取り早く、効果が高いのが運動です。

 

生野菜を食べるも効果が高いです。しかし

想像以上に生野菜を

食べ続けるのは辛いので、

運動することをオススメします。

 

なぜ、野菜ではなく、

生野菜でないとダメかというと、

 

酵素が大事だからです。

 

とくに葉物、レタスや水菜、

ブロッコリー

中心に生野菜をとることをオススメします。

 

野菜ジュースは加熱処理されいるので、

飲んでも太るだけです。

 



 

運動って面倒だし

続かない

 

運動がなぜ続かないかと言うと、

一緒にやるひとがいないから、

サポートしてくれる人が

いないからです。

 

人は群れると安心する生きもので、

他人が頑張っていると、自分も頑張ろうと、

マネする生きものです。

 

自分ひとりで、ダイエットマシンで

シェイプアップしたり

ひとりでランニングしても

長続きしないのは、仲間がいないからです。

 

1人でも継続できる人はいますが、

相当、自分に厳しいタイプで、

ほんの一握り。

 

家族や友達が運動するタイプなら、

一緒にやるのをオススメします。

ただ、その人が辞めてしまうと、

サボってしまう可能性が高いです。

 

オススメなのが、

プライベートジムです。

価格が高いですが、

トレーナーがつくので、

運動中もモチベーションが

下がりにくいです。

 

普通の格安のジムでも、

同じ空間に

運動をしている人が

いるだけで、心が安定します。

 

運動も楽ではないので、

どれが続くか、考える必要があります。

 



まとめ

 

  1. 自制心があれば、食事制限はできる。
  2. 正しいストレス解消をしなければ、自制心は保てない。
  3. 運動を継続することができれば、食事制限も楽になる。
  4. 誘惑に勝つには、健康な体が必要。
  5. ダイエットは運動から入った方が簡単で楽。

 

-ダイエット

Copyright© Dish108 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.