ダイエット

肥満はなぜ怖いのか?内臓脂肪が健康に及ぼす理由。

投稿日:

2020-11-02

 

なぜ太っているとダメなのか?

 

太っていると体の中で炎症が起きる。

 

太ると疲れやすくなったり、怒りっぽくなるのは、あなたの体が内臓脂肪を異物として、判断して、闘ってしまうからだ。例えるらな、風邪ウィルスが体内に侵入したら、あなたは発熱し、寒気や咳、鼻水という症状で、病気を確認することだろう。しかし、全ての病気が症状があからさまに表に出ることはない。内臓脂肪もそうだ。イライラしたり、血管を徐々に蝕む、水面下で進行するタイプの病気。

 

太っていると危険なのは、

血管に負荷がかかることです。

血管がダメージをもらうと、

心臓に負荷がかかります。

血管がダメになると、

多くの内臓のパフォーマンスが落ちる為、

あらゆる病気のもとになります。

 

痩せようと思っても痩せない

 

ランニングの様な『有酸素運動』は

脂肪燃焼作用がほぼないです。

 

運動しても痩せないのは、

運動の仕方が間違っているからです。

 

走ってもお腹が空くだけで、

そのあと、食べすぎてしまい、

痩せないから、運動もやめて、

リバウンドする。

あなただけではなく、多くの人間が同じです。

 

短時間高強度の

トレーニングでないと痩せない

 

痩せるというのは、

痩せやすい体をつくること。

 

運動で消費できる脂肪やカロリーよりも、

筋肉が自動で消費してくれる方が大きく、

早く痩せられます。

 

筋肉量を増やすと、簡単に早く楽に痩せられます。

 

筋肉を増やすには、

短時間高強度のトレーニングが最適と

科学的に認められています。

 

有酸素運動は、筋力を減らし、

体重は減りますが、

痩せにくい体になってしまいます。

 

短時間高強度とは?

 

短時間高強度のトレーニングは、

ジムでのトレーニングが代表的です。

 

科学的に認められ、

多くの人たちが声を揃えて言う、

私はこれで痩せたと声を

あげる人が多いのが、

『HIT』です。

 

ただ、この『HIT』は、物凄くツライです。

 

キツ過ぎて、吐きそうになるし、

心臓もバクバクになります。

だから、効くんですがねw

 

初心者は、ウエイトトレーニングがオススメ。

簡単で入門しやすいです。

 

正しいフォームでないと…

 

筋トレは、正しいフォームでないと、

うまく筋肉に効かず、

関節に負荷をかけてしまい、

ケガをしてしまう場合も。

筋肉にしっかり効くフォームで、

できるだけの負荷で

短時間でトレーニングするのが

早く痩せられるコツです。

 

ジム初心者は、プライベートジムが良いでしょう。

 

トレーナーがつくので、正しいフォームで、

筋トレができるのと、辛くなったときも、

相談にのってくれるので、

痩せられる確率がアップします。

 


 


 

まとめ

  1. 痩せるならジム
  2. 太っていると不健康まっしぐら
  3. 内臓脂肪は異物と体が判断してしまう
  4. 有酸素運動、ランニングは脂肪が燃えない
  5. ウエイトトレーニングが痩せる最速の道

-ダイエット

Copyright© Dish108 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.